ゆるめの防災対策

銀行口座:断捨離してネット銀行だけだと、災害時どうなるの?を調べてみた                                           

銀行預金、ネット銀行だけでは脆弱?!

通帳を除く女性
以前貯金をするには、

銀行口座を断捨離して一元化した方が良い

という記事を書きました。

  • 家計が「見える化」しやすくなる
  • 家計管理が楽になる
  • 知らないうちに「信用」失うリスクが防げる
  • 積み重ねた信用で、住宅ローン金利優遇受けられるかも!

など、銀行口座の一元化にはメリットがいっぱい!

我が家は、メインバンクを

振り込み手数料5回まで無料になるネット銀行に一元化

したことで、家計管理がぐっと楽になりました♡

 

しかしその一方で、断捨離が進んで、

所有している口座がネット銀行だけ

だと若干心配な事態になる可能性があるので、

その懸念点をシェアします。

 

 

本:お金を整える を読んで取り組んでみた家計記事一覧です

 

この記事はこんな人向け

この記事はこんな人向け

  • 貯金を効率よく増やしたい!
  • そのためには、利便性の高いネット銀行が(・∀・)イイ!!と思っている
  • 預金口座の数はむやみに増やさず、なるべく減らしたい

結論!

結論!

ネット銀行は金利が良く利便性が高いのでオススメですが、

口座開設しているのがネットバンクだけだと、

万が一の災害時、に

お金を下ろすことが難しくなる可能性があります

 

そのために、口座はネット銀行1つだけに集約せず、

10万円程度の現金を、

店舗があって窓口対応可能な金融機関に

預けておくことが大切です。

 

地元メガバンクでは、両替ATMでの1万円新札交換もできるので、

金運UPしたい人には助かる!使い分けが大切です

 

ネット銀行、めっちゃ便利(≧▽≦)

スマホ カード
ネット銀行って非常に便利ですよね!

コンビニ
  • コンビニのATMで24時間現金が下ろせる!
  • 金利は店舗のある銀行の10倍やら100倍ついたりすることも!
  • 振込手数料も格安や無料♡

と、メリット盛りだくさんヾ(*´▽`*)ノもう手放せません。

私自身も、給与振込銀行はSBI住信、個人的な預金は楽天銀行!メイバンク=ネット銀行です


が!口座を解説しているのがネット銀行のみだと、

ある時に困る可能性があります
そう、それは、災害被災時です

被災地がれき

例1 りそな銀行 東日本大震災後の対応

通帳

たとえばりそな銀行では、東日本大震災被災者に向けて、

以下のような措置が取られていました

東日本大震災による被災者の皆さまへ

    今回の震災で、預金証書、通帳、お届出の印鑑等を紛失された場合でも、

ご本人さまであることを確認させていただいたうえで、

店頭で10万円までお支払いさせていただきます。

緊急時、当座のお金が下ろせないときにめっちゃ助かる♡

また、同じページで被災者に向けた融資制度も案内されています。

住宅ローンのイメージ画像

こんな時、実店舗のないネット銀行はこんな時どう対応するのでしょうか?

例2 住信SBI銀行 東日本大震災後の対応

被災地

我が家の給与振込口座、SBI住信銀行が災害時にどんな対応してくれるのか、

メインバンクにしている我が家では重大懸案事項!

ってことで調べてみました。

 

SBI住信銀行のホームページによると、対応は

お電話にて、当社所定の本人確認ができた場合には、 

当社のお客さまの口座から、

10万円を限度に預金残高の範囲内で、

振込手数料無料で、

お客さまご本人名義の他行口座に限り送金いたします

とのこと。

つ、つまり、本人名義の店舗型金融機関の口座がなかったら、

緊急時にキャッシュカードなしにお金を引き出すことが困難?!(* >ω<)

ネット銀行にしか口座がない場合、被災時津波などで

キャッシュカードが流されるなどして紛失した場合、

再発行するまでお金を引き出すことが難しい。

驚く女性

ご存知の通り東日本大震災では、

昼間仕事に行っている時間に津波が襲来、

自宅から通帳を取り出す間もなく、

沿岸部の家は壊滅状態になったことが思い出されます。

私自身、津波で気仙沼の祖母を亡くし、親戚が軒並み被災したので切実…

万が一のときには心配な状況だなぁと思いました。

被災地

知っていれば、対策できる

通帳

やっぱりネット銀行なんてだめだ!解約して地元の地銀に口座を移さなくちゃ!

気持ちはわかります!だけど落ち着いて。

予めわかっていれば、対策できます

確かに、口座がネット銀行だけというのは

万が一の災害時 心配な事態なのは否めないと思います。

一万円札

ただ、逆に緊急時におろせる金額は、10万円ほどとのこと。

…ということは、逆に

10万円ほど窓口対応できる金融機関に預けてあれば十分とも言う?

防災訓練

緊急時のことを考えて、それなりの金額を

いつも窓口対応できる金融機関にいれておかなくては…

という気持ちがあったのですが、

逆に身分証明書のみで緊急対応してくれる金額は10万円ほどなら、

  1. 窓口のある金融機関に口座が開設してある
  2. そこに10万円ほどの預金が入っている」

でミッションは達成できるじゃん!と

逆に気持ちが楽になる(笑)

勿論、貯金総額がこれだけでいいと言っているわけではありませんよ!(笑)

窓口のある金融機関、他メリット 新札!

我が家も、給与を振り込みするメインバンクは

SBI住信銀行なのだが、この他に、

りそな銀行に家族全員分の口座開設。

夫の口座は給食費、地震保険の指定口座になっている他、

投資信託の引き落とし口座として活用中。

 

我が家にとって、地元のメガバンクに口座を持っている理由は

ATMで新札(1万円)が入手できるから♡

札束

…そ、そんな理由??(くだらなっ)

そうですか?私にはめっちゃ重要ポイント(笑)

毎月、現金で下ろす生活費は、

1万円を両替機で新札に交換するのが長年の習慣。

金運が上がると聞いて始めたのですが、確かに運気が上がる感じ!

以前は、災害対策にもと信金をメインバンクにしていたのですが、

新札をGETするのがホントに大変で(^_^;)

  • 両替機でも✕
  • 窓口でも✕(新札で、というと嫌な顔されるw)

↑最終的に、これが決め手となって信金口座は断捨離

それくらい、私には重要ポイントなんですよね(^_^;)(^_^;)

今も、毎月コンビニか郵便局でお金をおろしたら、

その足でりそな銀行向かって新札に両替

ATMでは、りそなのカード入れれば

今までは両替50枚まで無料だったのですが

2021年から10枚まで無料に変更(T_T)!

なので、家族分持っていることもめっちゃ重要w

ズボラなのですが、財布は長財布、お札の向きは揃えます(笑)

銀行、使い分けが大切

  • ネットバンクは金利も高いし振込手数料も無料だけど災害時 緊急にお金をおろしたいときにちょっと不安
  • 窓口のある銀行は、もしものときに安心だけど 普段の金利は低くて利便性は低い…だけど新札両替は代えがたい魅力♡

一つにズバッとしたいところなんだけど、結局

「1つで賄える完璧なものは存在しない」

という世の常を表している形(笑)

銀行口座、むやみに増やさないことが大切なので難しいですね(^_^;)

いいバランスを、私自身も探していきたいです!

この記事は、こちらの動画を拝見したことから作成しています。

この記事は、バンクアカデミーさんのこちらの動画を

拝見したことをきっかけとして自分なりに調べて

作成させていただいています。感謝いたします。

まとめ

結論!

ネット銀行は金利が良く利便性が高いのでオススメですが、

口座開設しているのがネットバンクだけだと、

万が一の災害時、に

お金を下ろすことが難しくなる可能性があります

 

そのために、口座はネット銀行1つだけに集約せず、

10万円程度の現金を、

店舗があって窓口対応可能な金融機関に

預けておくことが大切です。

 

地元メガバンクでは、両替ATMでの1万円新札交換もできるので、

金運UPしたい人には助かる!使い分けが大切です

 

ABOUT ME
えがお
2005年産♂、2007年産♂♀双子を育児中の アラフィフ看護師ですです(*≧∀≦*) 在住:東京近郊(関東) 趣味:読書(年間250冊ほど:読書ログしています) ミッション:子育てするすべてのパパママと子供達を応援! ▶40歳でADHDだった自分に気づく、生き辛さにガッテン! ▶読んだ本を紹介することで、ママや生きづらさを抱えてた大人が、 もっと楽に生きられる方法を一緒に探せたらと願っています ▶教育費確保のために、節約&NISA,iDecoでの投資信託積立頑張ってます! 昨日より、笑顔が増える情報を提供していけたらと思い記事を書いていきます。よろしくお願いいたします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA