子育て

自撮り棒で思い出を撮ろう!

自撮り棒で思い出を撮ろう!

ママ友仲間にグループライン着信!

LINE スマホ画面

見てー!懐かしくない?

数年前、数家族で一緒に行った行ったキャンプの写真がアップルから送られてきたのだという

たった数年だけど、成長期の子どもたちの顔は明らかに幼くて、時間の流れが如実!!

ホントだー!癒されるねー♡

しばしグループで癒しを共有・・・。

そんなんで今日は、通算6本!の自撮り棒を購入してきた(笑)猛者の私が、

 

自撮り棒使って、思い出を写真や動画でたくさん撮りましょう

って記事を書きます!

自撮り棒で思い出を撮ろう! この記事を読むと

自撮り棒で思い出を撮りましょう!

写真や動画を残しておく大切さをお伝えします!

その際のおすすめ自撮り棒もご紹介しますね!

自撮り棒で思い出を撮ろう! 結論

 

昨日の写真は、もう撮れません。

未来の自分へのプレゼントに、自撮り棒で 

思い出を写真や動画でたくさん残しましょう!

自撮り棒で思い出を撮ろう!グーグルやアップルのストリーミング機能

グーグルもアップル、アマゾンフォトなんかで、「この日の思い出」みたいな写真、送ってきてくますよね?

これが10年とかするとものすごい癒しを提供してくれます!

もう中学生になった我が子達の、小さかったときの写真

たとえば、我が家の例で恐縮ですが・・・。

こんなのとか、

こんなの見ると、もう懐かしすぎて、脳からセロトニンがドバドバ出ちゃいます!(●´ー`●)

子供は3歳までに全ての親孝行する

子供は3歳までに全ての親孝行する

ということわざがあります。子供の小さな時を堪能しないのは勿体無さすぎる!

子供3人が中学生になり、絶賛反抗期を迎えている我が家は特にそう思います

後から考えれば、この毎日も宝物

今は中学生になった子供達、絶賛反抗期でバトルになることもしばしばだけど、

きっと後から考えると

この日々もキラキラした宝物

になるんだろうなという予感がうっすらします(笑)

カメラを向けたらピースサインして群がってた時期はすぎて

うっせえな!

うぜえんだよっ!

なんて言われるようになったので(笑)、写真を撮るのもなかなか大変になっちゃったけど、積極的に残していかなきゃなぁと思う今日このごろ……

何も親とのツーショットだけじゃなくて、サッカーで試合を頑張ってる姿とかを

チームのコーチがLINEでコーチが送ってきてくださったりする写真を宝物にして大事に収めています

自撮り棒で思い出を撮ろう!育児あるある「思い出に、ママの写真がない」

そして、今見返すと、自分の写真ってホントにない(爆)

理由として

  1. 子ども3人連れてると、その世話でもともと手一杯!
  2. その手一杯な中、なんとか思い出残そうと夢中で写真や動画を撮影する
  3. 余計にいっぱいいっぱいになる

といったところ(爆) だけどぜひ、自撮り棒を上手に使って、子どもたちのためにも、ぜひママやパパの写真も残してあげてくださいねその理由を今から説明します

天国へ行ったあの人との思い出

残しておいた方がいいのは、子供との思い出だけではありません。

実は2020年は、1月に45歳で姉が突然死

私にとって姉は親友だったこともあり、

特に持病もないまま突然死んでしまったことに、正直家族は呆然・・・

その時に残されたのは思い出でした。姉の写真を沢山見返して、今も死を乗り越えようとしています。

縁起でもないかも知れないけど、生まれた者はいつか必ず天に還ります

お子さんたちもきっと後から、パパやママの写真が宝になると確信します

一緒に撮った旅行の思い出

姉とは仲が良かったので、子供3人が小さい時、子守の手が足らず、よく一緒に家族旅行やキャンプについて来てもらっていました。

一緒にスイカ割したり、動物園行ったり、クリスマス会したり。

楽しかった思い出も、ズッコケるようなハプニングも、全て姉と一緒(´꒳`*)

人生って思い出作り

姉が突然死んでみてつくづく思うのは、

人生って思い出作りだなぁ・・・

ということ。

もちろん、記憶の中にある思い出が一番大切だけど、

写真や動画はその思い出をクリアに蘇らせてくれる本当に貴重なもの

だなとつくづく思った次第・・・

呆然とする私を救ってくれたのは思い出でした

 

自撮り棒で思い出を撮ろう!やがて天国に行く、母との思い出づくりに

幸いにして健康だけど、突然に長女である姉を亡くして気落ちする70過ぎた母

との別れも、少しずつ先に見えるようになってきた今、

強化してるのは思い出作り

最近母は

歩けるうちにもう少し山登りがしたい

と言い出し、記事にした通り先日も日和田山へ。

もちろん残したいのは思い出。たくさん一緒の写真を撮りたかったのだけど

2人で行くと、集合写真撮るのって結構難しい・・・

シャッター押してくださいって周囲の人に頼むのも、気が引けたりしますよね(笑)

そんな時に活躍するのが自撮り棒

自撮り棒で思い出を撮ろう! 通算6本の購入・・・

 

実は私、自撮り方は通算すると6本購入履歴あり・・・。

もはや、ちょっとした自撮り棒評論家?!(笑)

こんなあれこれを購入。

 

 

  

 

 

 

その私がお届けする、最もおすすめの自撮り棒を紹介します!

自撮り棒で思い出を撮ろう!最強自撮り棒はこちら

通算6本ほど、自撮り棒購入してきたワタシ的な一位はこちら↑

自撮り棒で思い出を撮ろう この自撮り棒のメリット

一体型になる

袋に入れたりするものだと、ADHDの私は袋だけなくしてしまったり、

部品だけ紛失というのがデフォルト!

↑この自撮り棒も使いやすかったんだけど、三脚は分離式で、袋収納なのが玉にキズ。

折りたたみの傘傘のケースも何個も無くした過去あり(笑)。

これは一体型になるので、すごく便利♡

三脚を兼ねる

家族で集まったり、仲間内でホームパーティーしたりする機会があるんだけど、その時にいつも困るのが、集合写真

↑この写真は、夫がシャッター押してくれているので写ってない・・・(笑)

本格的な三脚は持ってなくても三脚を兼ねる自撮り棒があるととっても便利!

こんな感じで、全員が入れる(笑)

注意、ただし簡易的なものなので、風が強い場所などでは危険です

シャッター付き

特に三脚にした時、離れてシャッターが押せるので、付属していると便利!

便利Bluetoothで接続できます

余談ですが、双子の持っているスマートウォッチがあるときには、時計からシャッター押すことができるので、彼らに頼んだりします(笑)

クリップがしっかりしている

自撮り棒で最も大事な部分って何だと思いますか?

・・・。そう、スマホを挟むクリップです!

↑このときも、身長より高い場所にスマホを掲げて

上から撮影しているし、

↑このときも同様。

自撮りするときには、大抵2mくらいの高さまでスマホを掲げることになるので、落としたりすると一大事!クリップがしっかりしてるので安心です

自撮り用のライトは別です

 

我が家の場合は、屋外で撮影することが圧倒的に多いのと、40過ぎたら荷物の重さがきつくなるようになって(笑)少しでも軽くしたくて、自撮り用のライトはあえて別にした。

もし希望ならクリップ式のものが売っているので、これをつけようと思っていたが、現在のところ購入してません。

ライト一体型だと、動画撮影にも便利

今はライト付きの一体型で三脚付きもあるので、これもよさそう!!

ああ

 

また自撮り棒購入履歴を伸ばしそうな私・・・(笑)

自撮り棒で思い出を撮ろう! ここがちょっと残念

有線でも繋げられると理想的だった(≧(エ)≦。) 

↑理想的には、こんな感じに、スマホのイヤフォンジャックに有線でも繋げらると、なお良かった・・・。ここが残念ポイント。

↑Bluetoothの接続にまごまごするときがあるため

自撮り棒で思い出を撮ろう! まとめ

自撮り棒で、思い出を撮りましょう!お子さんの写真だけでなく、ぜひパパやママご自身も一緒に写ってください。それが未来のお子さんたちへのプレゼントになります。

その際に活躍するのが自撮り棒!通算して6本購入した私のイチオシは、三脚にもなる一体型です!

お出かけの際には、バッグに入れて思い出を作りに行きましょう

子育て、一緒に楽しんで行きましょう!!

ABOUT ME
えがお
2005年産♂、2007年産♂♀双子を育児中の アラフィフ看護師ですです(*≧∀≦*) 在住:東京近郊(関東) 趣味:読書(年間250冊ほど:読書ログしています) ミッション:子育てするすべてのパパママと子供達を応援! ▶40歳でADHDだった自分に気づく、生き辛さにガッテン! ▶読んだ本を紹介することで、ママや生きづらさを抱えてた大人が、 もっと楽に生きられる方法を一緒に探せたらと願っています ▶教育費確保のために、節約&NISA,iDecoでの投資信託積立頑張ってます! 昨日より、笑顔が増える情報を提供していけたらと思い記事を書いていきます。よろしくお願いいたします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA