子育て

【金額公開】増やしながら学んでいこう!~資産運用が怖い人向け、おまかせ投資信託こちらです

定期預金 年利0.02%!

定期預金金利、0.002%…( ̄▽ ̄;)

貯金で資産は増えない時代

必要になってくるのは

資産運用という考え方。

そこで子供達に向けて、

お年玉で少額の資産運用してみよう

という記事をアップしましたが、

実は大人の皆さんには違う提案があります(笑)

それは

増やしながら、同時に学んでいこう

という提案です

赤ちゃんと電卓

金融リテラシーをゆっくり付けていける時間のある
私達の子供達と違って、私たち現役世代は待ったナシ(笑)

老後資金とか、子供達の教育資金とか…

ゆっくり勉強してというよりは、

できれば日からでも始めた方が…という年代な私たち。

だけど、ガッツリ昭和の価値観で育ってきた私たちは、

資産運用とか慣れてない…

そもそも たくさんある投資信託から

のファンドを選ぶかわからないというレベル

でも大丈夫です!💪( ¨̮💪)

今日は、

資産運用には知識も興味もないけど、

やってみなくちゃと思ってる

私たち現役世代の大人に向けて、

おすすめな資産運用の方法を提案したいと思います

この記事は、こんな人向け

この記事は、こんな人向け

  • 教育費や老後資金を貯めなきゃとは思っているけど、定期預金以外の方法がわからない
  • 資産運用だの投資信託だの、よく分からないし、正直そんなに興味ない
  • ぶっちゃけ資産運用勉強とか、毎日細かく株価のチェックとか無理(–;)
  • ▶出来ればほったらかしで増える方法希望(笑)

結論!

結論!

資産運用はとりあえず、

おまかせ出来るバランスファンド(投資信託)に毎月預けて運用してみよう!

私自身、10年以上お世話になってる

セゾン投信のインデックスバランスファンドなら、

とりあえずここに積立設定するだけで、あとはおまかせ(笑)

運用しながら、ゆっくり勉強してリテラシーつけていこう

運用歴12年 私のおすすめはセゾン投信

今日オススメするのは、私自身、もう12年以上お世話になってる、

セゾン投信のインデックスファンド(投資信託)

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです

我が家では。子供の教育資金も私たちの老後費用も、

ほぼこれだけで(笑)貯めています。

まさにこの記事を、12年前の自分に向けて書いています

ハンモック 集合写真

何も分からないままに、とりあえず
このファンド(投資信託)に丸投げのお任せで、
投資信託の積立運用始めました。

そして、12年 小さかった子供もこんなに大きく成長(笑)

長男1歳 クリスマスツリーと 長男15歳 クリスマスツリーと

この間に お年玉を少額運用する子供達のように、
資産運用というものをだんだん

肌感覚で理解」」して今に至ります

金額公開

貯金箱

ほんとに積立してんの??じゃあ、どんなんだか、ちょっと見せてみてよ

当然そう思いますよね(´-∀-`;) じゃあ、ちょっとだけ…

長男の児童手当と学資保険満期の運用額

こちらが

  • この3年半の我が家のの児童手当(3人分✕3.5年=約144万)と、
  • 学資保険満期金(小学校卒業祝い金✕3=約90万)の運用成績です

セゾン投信 運用結果

…意味分かんないですよね(笑)。ざっくりいうと、

233万5千円積立した元本が、29万963円増えて、262万964円になった 

となります。

3年半で+12.4%増

年利0.01%の定期預金との違いが体感頂けるでしょうか?

あくまで現時点での評価額です。この利率は保証されるものではなく、時には元本割れすることもあるのが投資信託です

別証券会社にも口座開いたけど

オフィスビル株価チャート

その間に、だんだん勉強が追いついてきて(笑)

最近は別の証券会社にも口座を開き、

個別にファンドを選ぶ ということも始めましたが、
自分なりに勉強してみるとますます

資産運用には興味ない、時間取られたくない、ほったらかしたい  という人なら、このファンド1本で十分じゃん!

と思うようになりました。

セゾンインデックス投信 デメリット

マルバツ メリット・デメリット

そんなにいいなら、お年玉の記事でもこのファンドを紹介すればよかったじゃん

ですよね… だけど、それは難しかったんです。
先に、このファンドのデメリットを話します…

それなら子供達向け投資信託の記事でも

このファンドを紹介すればよかったじゃんって話なのですが

まさにここにこのファンドの弱点があります

5000円からしか積み立てができない

実はこのファンド、

月額5000円からしか積み立てができないのです…
お年玉で資産運用を学びたいという子供達には不向き(* >ω<)

お年玉

個別のファンドを選べない

子供達が運用を学ぶには、たとえば

日本株vs米国株 みたいに

複数のファンドを運用してみて、その差を見る

ということも大事になってくるのですが、

それができないのも子供向きでない理由です

なるほど、それで子供がお年玉で運用するには向かないんだ…

ただ、これ、大人にはどちらも

メリットに一変してしまいますよ!今からその話をしますね(*≧∀≦)

セゾン投信のメリット

マルバツ メリット・デメリット

子供向けでのデメリットは、オトナに向けるとメリットに変わります

数千あるファンドから、自分に合うものを選ばなくていい

私自身、最初に挫折したポイントがコレ。
日本には現在、5400種類ものファンドがあるそうなのですが、

専門家曰く その90%はゴミなのだそう…

ゴミの山

勝率10%で正しいファンドを選ぶとか、私にはとても無理(´×ω×`)

セゾン投信が持っているファンドは2種類だけ。

(画像;上記サイトより転載させていただいています)

その中でも今回おすすめなのはこちらのインデックスファンド

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです

もう一つのファンドは、株式に特化したアクティブファンドなので、ちょっと中級者向け。

手数料もやや高いので、我が家では運用していますが、今回の記事ではとりあげません

分散投資もおまかせ

勉強していくとぶち当たることなのですが、投資信託は

複数のファンドを購入して、それぞれ別に運用

していく必要があります

卵は四つのカゴに盛れ

卵

投資の世界には、卵は一つのカゴに盛るな=リスクを分散しろ、

ということわざがあり、

  • 海外株式
  • 国内株式
  • 海外債券
  • 国内債券

というように、複数の投資信託を購入して、

それぞれ別に運用していく必要があります

一個ですら当たりを出せるか自信がないのに、四つもファンドを選ばないといけないなんて。(๑•́ ₃ •̀๑)

セゾン投信のインデックスバランスファンドだと、

4つのカゴに分けるべき

  • 海外株式
  • 国内株式
  • 海外債券
  • 日本債券

がすべて組み込まれているので、自動で分散運用ができます。

リバランスも不要

バランス サーカス

また、これも勉強するとぶち当たるのですが、1年間運用すると、

その成績は当然4つのファンドすべてが同じになることはなく、

それぞればらつきが出るので、

1年に1度、そのバランスを調整して25%ずつに調整する(リバランス

という作業が必要になります。

成績が良く、25%以上になってしまったファンドを売却して、

そのお金で成績の悪かったファンドを買い増すという作業です。

これも正直、初心者にはハードル高すぎ…(T_T)

でも大丈夫!

セゾン投資のインデックスファンドになら、

ファンドが自動で調整してくれるので、

リバランスも不要です♡

増やしながら学ぶには、ある程度の積立額が必須!

札束 お金

また、月額5000円からという価格設定も絶妙。

リテラシーを付けるということだけが目的の小中学生の資産運用なら、

年間1万円、月額833円程度の運用で十分ですが、

私たち現役世代が教育資金や老後資金を貯めたいとなったら、

やはりそれでは心もとない。

8%増えたと言っても…

たとえば、お年玉記事にも掲載した、我が子の運用成績。

確かに8.64%増えたのはすごいけど、

積み立てたのが1万円足らずなので、増えた金額は800円弱

老後2000万問題 や

子供1人育てるのに、平均2300万円かかるといわれる教育資金

ということを考えると、やはりとても足りません。

月額5000円からという金額設定も、

走りながら運用について勉強していかなければいけない私達向けといえると思います

NISAやiDeCoも味方につけよう

NISA 

じっくり長期運用する時間の他にもう一つ私達大人の心強い味方が、

税制優遇!

NISAやiDeCo

NISA、iDeCoって、もしかしたらどこかで名前だけは聞いたことあるかもしれません
どちらも国の税制優遇制度です。

iDeCoも魅力ある制度なのですが、今回はつみたてNISAについて開設しますね!

つみたてNISAとは

つみたてNISAとはとは、金融庁サイトによると

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

  • 購入できる金額は年間40万円まで、
  • 購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間
  • 購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

(上記サイトより転載させていただいています 太字、点は私がつけています)

投資信託の利益には、20%の税金!

実は、投資信託の利益には20%ほどの税金が課税!

投資信託 運用 結果

たとえば、うちの子供が、

よし、じゃあこのお金、全部おろします♪

となった場合、利益の792円に対して20%の税金が課税

20%って、結構大きくないですか?

つみたてNISAは、この利益に対してかかる税金を、

年間40万円まで20年間分非課税にしてくれるというもの。

 

やってみるとわかるけど、これはめっちゃ大きいです!口座開設するときには、つみたてNISAを適用してくださいね!

口座開設は、PC、スマホ、郵便で簡単

スマホ
だけど、始めるのって大変なんでしょ・・・?
大丈夫!PC,スマホ、郵送で簡単にできます。

口座開設のために、わざわざ窓口に行く必要はありません。

こちらから手続きすればOKです。

 

増やしながら、ゆっくり学んでいこう

 

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド で投資信託をはじめたら、

あとはいい意味でほったらかすのが大切。

2020年だけみても、こちらのサイトで値動き見せてもらう

(画像;上記サイトより転載させていただいています)

3/18:13401円 から 12/11:16607円と コロナの影響もあり上下大

これと一緒に、メンタルも上下しがち(* >ω<)。

遊園地で遊ぶ家族

 

しかし、10年間の値動きをみてみると

10年 値動き セゾン投信

上下しつつ、株価は結局上むいてる

株式の入った投資信託をする基本は、

社会は上下しながらも成長し続けている=市場は拡大していく

ことを信じて、書い続けること。市場が拡大して、株価が上がっていくと、

長期的に自分の資産も増えていく

 

表を見るとわかりますが、

私が投資をはじめた2008年から2011年まで、数年間は元本割れ…

でも、長期的に考えようと、あえて気にしすぎないようにしていました。

株価チャート

株式チャートが気になっては、本業に身が入らず本末転倒

預けたら、あとは長期で運用なので、いい意味でほったらかす意識で。

 

しかし、運用しているとどうしても関心は向くので、

長期に運用していく中でだんだんリテラシーが高まってきます

私も、セゾン投信 から3ヶ月に1度届く運用報告書をみているうちに、株式につていだんだん興味が湧いてきて、自然と本を読んだり勉強するようになったので、今は別ファンドも勉強のために運用してみています。

時間を上手に味方につけた運用をしていると

老後2千万問題も闇雲に怖いと思わなくなります(*≧∀≦)

セゾン投信 で上手にほったらかし投信して、子どもたちの教育資金や老後資金に備えちゃいましょう!

 

まとめ

まとめ

資産運用はとりあえず、

おまかせ出来るバランスファンド(投資信託)に毎月預けて運用してみよう!

私自身、10年以上お世話になってる

セゾン投信のインデックスバランスファンドなら、

とりあえずここに積立設定するだけで、あとはおまかせ(笑)

運用しながら、ゆっくり勉強してリテラシーつけていきましょう

お年玉で、少額の資産運用をはじめてみよう!

 

学資保険≠貯金!教育費はNISAで増やしましょう!

 

家計簿つけなくても食費節約!〇〇を整えただけで、月平均7000円以上食費が減った話です

 

食費節約にはふるさと納税!がおすすめという記事です

 

 

資産は「ほったらかし」で、時間をかけずに資産運用!

残った時間で、家族の時間を楽しみましょう❤

子育て楽しんでいきましょうね(*≧∀≦)

 

セゾン投信の社長さん(現在は別の方が就任しているので前社長)の書いた本、あれこれ読んだけど、これがわかりやすいです


 

この本も、ママ友に貸すために数冊所有して、

プレゼントしたりしてました(笑)

ABOUT ME
えがお
2005年産♂、2007年産♂♀双子を育児中の アラフィフ看護師ですです(*≧∀≦*) 在住:東京近郊(関東) 趣味:読書(年間250冊ほど:読書ログしています) ミッション:子育てするすべてのパパママと子供達を応援! ▶40歳でADHDだった自分に気づく、生き辛さにガッテン! ▶読んだ本を紹介することで、ママや生きづらさを抱えてた大人が、 もっと楽に生きられる方法を一緒に探せたらと願っています ▶教育費確保のために、節約&NISA,iDecoでの投資信託積立頑張ってます! 昨日より、笑顔が増える情報を提供していけたらと思い記事を書いていきます。よろしくお願いいたします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA