Uncategorized

7人に1人が貧困家庭?!私達が無料からできる支援3つ マンガ 明日食べる米がない!

日本の貧困問題 私たちに無料からできること

 

給料日まであと1週間だけど、今月はピンチ(>_<)!

困り顔

給料日まではカップラーメンともやしでガマン…

なんて経験、誰でも一度はありますよね(私だけ?)

 

だけど、もしこんなものでは済まず

からの財布 古びた家
  • お腹いっぱい食べることができるのは、給食だけ
  • お弁当は毎日は持っていけず、月末は昼食抜き
  • 家賃が払えずに危うくアパートを追い出されそうになる
  • 電気とガスが止まり、給料日までの1週間、真っ暗な中 カセットボンベで煮炊きをして、水シャワーで凌ぐ

  そんな生活が、恒常的に20年ずっと続くとしたら…

給料日前だけでもきついのに無理(≧ω≦ )

 

実際にそんな生活を生き抜いてきた著者が描いた漫画、

明日食べる米がない  

  を読んで 私達にできることをシェアします

こちらから試し読みできます!

この記事はこんな人向け

この記事はこんな人向け

  • 明日食べる米がないほど困っている人って、実際に日本にいるの?
  • そんな人って自分とは関係ないんじゃないの?実際周りにはいないし
  • そんな人に自分ができることが仮にあるなら知りたい
  • ただ、自分も家計に余裕がないので、無料でできることなら助かる(笑)

結論!

結論!

  • 日本の相対貧困率は15.7% 実は7人に1人は貧困。隣に明日食べる米がなく困っている家庭がある可能性があります
  • 私達が今その立場にいないのはたまたま運が良かっただけ。明日同じ立場になるかもしれません
  • 私達が、今日困ってる仲間にできることは多くありませんが、実は無料でできる社会貢献もとあります  たとえば

     

    1. メルカリやラクマ、ジモティーなど、フリマアプリへの出品
    2. フードドライブへの参加
    3. 子ども食堂や学習支援 ボランティア参加

    などです!

  • それ以前、私たちにできることは
  1. 本を読んで存在を知る
  2. 意識を向ける
  3. ささやかでいいので行動する

の3つです

  • 1日0.2%のカイゼンで1年200%カイゼン!私達の0.1%が社会を変えていく力になります

 

貧困対策に、私達が無料でできる社会貢献3つ

困っている人がいるなら、なにかお役に立ちたいけど、オレも金欠で…(^_^;)
わかります!不況の日本、なかなか家計もキビシイですよね。だけど大丈夫、無料からできる社会貢献も結構あるんですよ
貧困対策に、私達が無料からできる社会貢献は結構ありますが、 私からおすすめしたいのはこの3つです

  1. メルカリやラクマ、ジモティーなど、フリマアプリへの出品
  2. フードドライブへの参加
  3. 子ども食堂や学習支援 ボランティア参加

メルカリ出品??こんなの自分の小遣い稼ぎじゃん。どこが社会貢献なのよ(^_^;)
確かに不思議ですよね。だけど、立派に社会貢献なんです
順番にご説明しますね!  

フリマアプリへの出品

メルカリ

こちらで記事にしていますが、

使わなくなった育児用品をフリマアプリに出品するのも、

立派に社会貢献です!

メルカリなんて自分の小遣い稼ぎじゃない。どこが社会貢献なの・・・?

格安に育児用品をゲットできたら、

パパママは大助かりなんです!

実際我が家も、七五三の着物も卒入学式の衣装も

リサイクルショップで購入して、めっちゃ助かりました

 

今日食べるものにも困っている困窮家庭にとって、

卒入学式の衣装だの、

習字用品や裁縫セットなどの学用品だの

を揃える負担は甚大!

卒業服姿の女の子

やっぱり食べるものが優先になりますよね。

なく子供

 

卒入学式以外にも

保育園の夏祭りに、甚平か浴衣が必要って言われて困った

なんていう場合、リサイクルショップやメルカリで

格安が手に入ったら本当に助か

盆踊り

裁縫セットが買えなかった同級生

実際、我が子が小学生の時 同級生で

1人授業で必要な裁縫セットを持っていなかった子

に遭遇した経験あります。

偶然近所の子だったこともあり、帰宅しているところを呼び止めて、

さりげなく話を聞いたら

私が小学校のときに購入したセットを ほしいとのことだったので

あげたことがありました。  

使わなくなった育児用品は、ぜひ格安で出品!助かる人がいます。

フードドライブ への参加

お歳暮とか株主優待でもらった食品、ひとり暮らしだし食べきれないな。。。

それなら是非、フードドライブに寄付してください!

え?お金じゃなくて食べ物を寄付するの?

そうなんです!食べ物に困っているご家庭で食べてもらえます。

結果的にフードロスも減らせます

お歳暮や株主優待で頂いて、食べきれない食品ってありませんか?

そんなときはぜひ、フードドライブに寄付してください♡

そもそもフードドライブって??

そもそも、フードドライブって何か気になりますよね(笑)

こちらのサイトによると、フードドライブとは

フードドライブとは、

庭で余っている食べ物を学校や職場などに持ち寄り それらをまとめて地域の福祉団体や施設、 フードバンクなどに寄付する活動です。

(中略) 集められた食品は

  • 経済的に困窮している高齢者
  • DVから逃れた方
  • シングルマザー/ファザーとその子どもたち
  • 求職中の方、難民の方

など、様々な理由で食事に不自由している個人の方々への支援に活用されます。

「もったいない」が「ありがとう」に変わる のが、フードバンク・フードドライブです。

食べきれず捨ててしまう「もったいない」が、貧困家庭の「ありがとう」に変わるなんてスゴイ♡

フードドライブを企画できたら最強!

  PTA 飛び跳ねる子どもたち

もし、もうちょっと余力があったら、PTAや少年団などの仲間

食べきれないものを持ち寄るフードドライブを

仲間内で企画できたら最強!

セカンドハーベストさんの他東京ではコープも受付

また、自治体で受付している場所も多!

たとえば文京区では通年受付しています。

ボランティアする

そして、ボランティアできたら、立派に時間の寄付

ええ?ボランティア?それはハードル高いな(≧(エ)≦。)
ですよね!だけど、無理のない範囲でできるものも結構ありますよ

食事支援、学習支援…多ジャンルあり

 

ボランティアといっても結構多様で、 PTAでフードドライブの企画したら、

立派にボランティアです。 個人でも

給食

子供の居場所づくり:子ども食堂

食事

ん?こども食堂?なにそれ

シングル親家庭だと、食べるものに困るほかに 食事を1人でとる「孤食」も問題になっています

貧しい子供

子どもたちが温かい団らんのような場所で食事をかこむ場所として

今各地に作られている場所です。

料理

いずれにせよ、ボランティアは無料とはいえ、負担もそれなり!

ご自身のお仕事や生活もあるので、

こっちは難しくても、これならできそう…

と 考えて行動することが大切ですね

今日食べるものがない毎日を生き抜いた著者

からの財布

ところで、なんでこんな社会貢献とか必要なの…?

実は、日本人の7人に1人は貧困と言われていて

実際身近でも、今日食べる食事に困っている人がいるのが日本の現状なんです

そうなの?おれの周りでは見たことないんだけど・・・

よくわかります。一見してわからないのが現代の貧困なんです

日本人の7人に1人が貧困って言われても、

ピンとこない と思う人は多いと思います。

恥ずかしながら私もその1人なのですが、

そんな人には是非読んでほしいのがこの1冊。

からの皿

ネットで試し読みして思わず購入!

5歳で両親が離婚以降、

タイトルの「明日の米」どころか

今日食べる物に事欠く生活

を生き抜いてきた著者が描いたいた自伝的コミック

貧しい子供

現在21歳の著者のサバイバル的半生

PC打つボブ女性

現在21歳、データ入力のバイトの傍ら、

こうしてコミックを描き母と暮らす

著者 やまぐちみづほ さんがが育ってきた環境は

コインを持つ手
  • 両親離婚以降、父と会ったことはなく、母と家賃5万のアパート居住
  • 生活費は学生の間は母パート代5-7万と、養育費5万(相当滞りがち) のみ。
  • 当然生活困窮
  • 学校に持参できる弁当ない日あり、そんな日は昼休み図書館で1人過ごす
  • 家賃や光熱費が払えずに電気やガスが止まる
  • 家賃も滞納して、危うく追い出されそうになる
  • 小学校6年間制服買い替えられず、6年生では超ミニスカ…
  • 高校制服も、ブレザーは買えずベストで3年過ごし、教科書もしばらく購入出来ず
貧困 古びた水道

リアルな話に言葉を失いました…😢

一人だけブレザーも教科書もない高校時代

なく子供

電気やガスが止まり、アパートを追い出されそうになる

なども当然可愛そうだったんだけど、

私がもっとも心を痛めのは

制服のブレザーが買えなかったという話。

 

勉強する女子学生

特に、我が子が今中高生なので、

高校の入学式で何百人もの新入生が並ぶ中、

一人だけブレザーがなくベストだけ だった

という記述に

年頃の子供にとって、どれだけ恥ずかしく自尊心を奪う出来事

だったのだろうかと悲しくなる

学校椅子

スマホ、電子辞書、教科書もなし

勉強

また、スマホはもちろん

みんなが当たり前に持っている電子辞書や教科書も、

自分ひとりだけ買えないって…本当に厳しいことだと思う。

勉強

一人だけ紙の辞書を使用して、

教科書はしばらく先生に借りてしのいだのだそう…

当然、クラスのLINEグループにも一人だけ入れなくて、コミュニケーションにことかいた高校生活…

スマホ LINE

持参できる弁当がない学校生活

もちろん、食べることもなかなか厳しい。

学校

小学校は給食があったので、

とにかくそれをがっついて飢えをしのげたものの、

給食

中学校からは弁当生活。 持参できる弁当がない日は、

教室で食べる級友たちと離れて図書室で過ごす。

読書

 

究極に空腹な状態なときに限って

午後の体育はマラソンだったりして、

フラフラになりながら走ったそう。

運動靴  

 

もちろん、日本でも相対的貧困率が上がっていること、

特に子供の貧困が問題になっていることを頭では知っていたけど、

ホームレスの女性

実際にこんな形で困っているという人を 直接知らなかったので

ここまで困っているのか・・・(≧ω≦ )

身につまされる

生活保護や、ひとり親給付制度は?

生活保護申請書

確かに想像絶するね…(≧ω≦ ) だけど 生活保護や母子家庭の補助は??

きついですよね。私も同じ疑問を持ちました(。ノω<。)

まさに住む場所は食べるものに事欠く毎日なのに、

どうして生活保護や母子加算など 福祉の介入がないんだろう

ということも疑問に思った

干してある洗濯物

抜け出す方法を探す余裕もない毎日

子供に抱かれた人形

この疑問について 著者 やまぐちみづほ さんは

雑誌レタスクラブのインタビューを受けていて、

頭を抱える女性
(※今後は) さまざまな支援や制度をまとめてわかりやすく1冊の漫画で紹介したいんです。 私自身、そういう情報を全く知らなかったし、 社会制度の書籍などはたくさんありますが、 内容が難しいですよね。   それに、貧困家庭は 一日一日を過ごすことにいっぱいいっぱいになっています。 それが『普通の日常』になってしまって、 支援や制度の存在を知らなかったり、 気が回らなかったり、 そこにまでたどり着けないんです。   それを漫画のようなもので わかりやすくまとめることができたら、いいなと思っています (※部分は私が注釈しています)

  このインタビューは 前編 と 後編 で収録されていて、

ご本人の生の声が書かれていてすごくおすすめです

生活保護

タラレバの話になっちゃうけど…。

もしも著者の親子が 生活保護 や ひとり親世帯の給付金、 

せめて 公営住居 への入居 ができていたら、

古びた建物

どれだけ生活が違っていただろう…(≧ω≦ ) 悔やまれてならない。

せめて制服や弁当に事欠く生活は防げたんじゃないかと…(≧ω≦ )

母子家庭であることや貧困であることは、

可能な限り秘密にして暮らしてきたと本にあったけど、

弁当を持っていないことに

中学の先生が気づいたりして

福祉につなげて欲しかったなぁと残念に思う

プレゼン

支援にアクセスしても断られるケースも。

クルマがないと生活できない地域ながら、

クルマがあることで生活保護が受けられなかった45歳シングルマザーの話

も考えさせられます

HELPと書かれた手

私達にできること3つ 知る/意識する/行動する

仲間の手

中学の先生を残念に思うのはわかるけど…とりあえず自分たちには何ができるんだろうね

本当に無力で小さいわたしたちですが、できることは0ではないんです

本当に無力で小さい私達なのですが、

それでも、こんな隣人のため手にできることが

私は3つあると思っています。

それは先に書いた無料でできる社会貢献以前に

  1. 存在を知る
  2. 意識を向ける
  3. ささやかでいいので行動する

の3つです

1.知る:7人に1人は貧困な日本

日本地図

知るって言ってもなー。俺の周りにも、実際はいないんだよね

実は私もそう思っていました。

…が、実は日本の7人に1人は貧困と言われています

え?!左利きの人より多いってことじゃん

先進国で、一億総中流と思っていた日本ですが、

実は相対的貧困率(※生活状況が自分の属する社会の大多数より相対的に貧しい率

)は2010年で 15.7% 7人に1人は貧困家庭です。

先進国中でも10位…G7中ではワースト2位相対的貧困率 世界比較

(画像;上記サイトより転載させていただいています)

40人学級なら、5-6人いておかしくないレベルです

勉強

人間の脳は、ないと思っているもの、

意識していないものは認識できない構造になっています

想像しているより、困っている人が身近にいる

まず知ることが重要です  

2.意識を向ける 明日自分もそうなるかもしれない社会

握手

どうして存在を知ることが大切なの?

存在を知ることで、初めて

意識を向けることできるからです

そして、仮に幸運にも自分が今そうでないであるとすれば、

それは単に運が良かったから。

飛び跳ねる犬

偶然食べるに困らない家庭に育って学校を卒業できて、

就職できたからに過ぎません。

それを知ることで、彼らが関係ない存在ではなく、

仲間 だと意識できるようになります。

 

「頑張りたくても頑張れない」人がいる

悲しむ女性

最貧困女子などを描く鈴木大貴さんの本や

  ケーキの切れない非行少年たちという本に詳しいのですが、

    社会的弱者には、実は

知能や発達に障害があるのに気が付かれていなくて

支援が行き届かない人が多くあります。   

者のお母さんも支払いの管理が苦手だったり、

お金のやりくりが苦手だったりと、

発達障害のような印象も受けました…

単に私に同じ傾向があるので(私はADHD)思っただけかもしれません
 

そんな人達は、頑張ってきたけど、

それが空回りすることばかりで成功体験がなく、

頑張ることすらできなくなっていると、

ケーキが切れない非行少年たちを書いた著者は書いています

    著者や自身も

  • 高校生なってもバイト1週間でギブアップ
  • 卒業後は1年引きこもり

お母さんも

  • 著者が仕事を始めて以降、2年間ニート▷著者が2人の生活を丸抱え
  • 漫画の仕事が入っても仕事を始めてくれない…

と、正直がっかりポイントが0ではないんだけど、

お母さんにしても火事場のような毎日を20年もサバイバルしたら

そりゃあ生きる燃え尽きちゃうだろうし、

絶望

著者にしても、こんな困難の中、

最後まで評定平均を落とさずに学び続けたというから、

書き物

そりゃあアルバイトにまでは手が回らないよなと共感

ホテルマン

私だったら生き残ることすらできなかったと思います(≧ω≦ )

悲しむ女性

貧困にある人は、一見すると怠惰な人に見えがちで、

差し伸べてきた手に噛み付いてくるかのような行動をしてくることがある

でも、それには事情があると知ることもめっちゃ大切

3.ささやかでも行動する

ママ友

そして、私達にできること3つ目は、

できる範囲で行動すること。先に書いた

無料でできる社会貢献3つよりも、もっと簡単

にできることもあります!

本を読むこと、購入する

たとえば、

この本を読むこと、そしてマンガを購入すること

も立派に支援で、行動です

 
私はKindleで購入、子どもたち全員にも読んでもらいました

 

寄付する

少額でよいので、寄付することも効果的。

私も今まで発展途上国の子どもたちに向けては、

2箇所定期的に寄付していた反面、

日本の子どもたちへの寄付は 殆どできていませんでした反省!

食事

母親である私としては、

まずお腹いっぱいになってほしいので

ここで新たに、グッドごはん に定期寄付を開始予定。

1000円から定期寄付ができて、税額控除もあります
 

 

学びへの支援も始まっています。

勉強 塾も高額すぎて、

貧困家庭では通わせられず、

教育格差が広がってしまう問題が生まれています。

キッズドアさんでは

貧困家庭でも未来を諦めないよう就学支援援助をしてくれています。  

ここに寄付することで、貧困家庭の学びを支援することにも繋がります。

無料でできる社会貢献をする

つなごうとする手

微力ならが、役に立てることがあったらしていきたいな…

無料でできる社会貢献をぜひ!

特にフリマアプリへの出品は、

小遣い稼ぎにもなる社会貢献なので、

始めやすいと思います

社会貢献というと大仰ですが、

メルカリ スマホ

小遣い稼ぎと断捨離で不用品メルカリに出品しよう♪

という気軽さなら、だいぶハードル下がりますよね(笑)

私もその気軽さで、できることに取り組んでいきたいです。

1日0.2%のカイゼンで1年200%カイゼン

ママ友ハートマーク

私の好きな言葉に、勝間和代さんの名言

1日0.2%のカイゼンで1年200%カイゼン

1日0.2%だけ改善すると、

1年には200%の改善につながるという名言なのですが、

社会もこれに似ていると思います

 

私達の0.1%を積み重ねて、少しずつ社会を良くしていきたいですね(*ノ∀゚*)

まとめ

まとめ

  • 日本の相対貧困率は15.7% 実は7人に1人は貧困。隣に明日食べる米がなく困っている家庭がある可能性があります
  • 私達が今その立場にいないのはたまたま運が良かっただけ。明日同じ立場になるかもしれません
  • 私達が、今日困ってる仲間にできることは多くありませんが、実は無料でできる社会貢献もとあります  たとえば

     

    1. メルカリやラクマ、ジモティーなど、フリマアプリへの出品
    2. フードドライブへの参加
    3. 子ども食堂や学習支援 ボランティア参加

    などです!

  • それ以前、私たちにできることは
  1. 本を読んで存在を知る
  2. 意識を向ける
  3. ささやかでいいので行動する

の3つです

  • 1日0.2%のカイゼンで1年200%カイゼン!私達の0.1%が社会を変えていく力になります

 

ABOUT ME
えがお
2005年産♂、2007年産♂♀双子を育児中の アラフィフ看護師ですです(*≧∀≦*) 在住:東京近郊(関東) 趣味:読書(年間250冊ほど:読書ログしています) ミッション:子育てするすべてのパパママと子供達を応援! ▶40歳でADHDだった自分に気づく、生き辛さにガッテン! ▶読んだ本を紹介することで、ママや生きづらさを抱えてた大人が、 もっと楽に生きられる方法を一緒に探せたらと願っています ▶教育費確保のために、節約&NISA,iDecoでの投資信託積立頑張ってます! 昨日より、笑顔が増える情報を提供していけたらと思い記事を書いていきます。よろしくお願いいたします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA