ズボラ家事TIPS

ふるさと納税制度で、食費節約!

ふるさと納税で、食費を節約!

 

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

ふるさと納税!さとふるが簡単!

今まで、中学生家庭における節約方法についてあれこれ記事にまとめてきましたが、

 

 

 

 

 

 

 

食べ盛りの中高生がいるご家庭って

毎日の食費もえらいことですよね(;´・ω・)

我が家も、炊いた米が一瞬でなくなります(汗)

食費や生活費を節約する方法としてオススメなのがふるさと納税

実際に挑戦した私の体験シェアしますヾ(*´▽`*)ノ

ふるさと納税で、食費を節約!この記事を読むと

食べざかり中高生がいるご家庭向けに、

ふるさと納税を活用した食費節約方法

シェアしますヾ(*´▽`*)ノ

ふるさと納税で食費節約! 結論

食べざかり中高生のいる家庭では、

ふるさと納税返礼品で、食費節約しましょう!

 

ふるさと納税って?

ところで・・・そもそも、ふるさと納税ってナンナノ??(;´・ω・)

そもそも、ふるさと納税ってなんなのでしょう??Wikipediaによると、

ふるさと納税(ふるさとのうぜい)とは、日本に於ける寄附金税制の一つ。

納税”という名称だが制度上の実態は「寄付」であり、任意の自治体に寄付をして、

その寄付金額を現に居住する地方自治体へ申告することにより寄付分が控除できる本制度をもって、希望自治体に事実上の”納税”をするというものである。「ふるさと寄附金」とも呼称される

(上記サイトより転載、太線、赤線は私が引かせていただいています)

「納税」って名前だけど、自治体への寄付なのね!

この漫画もわかりやすいです♡

なんで、寄付して食費が浮くの??

なるほど…だけど、なんで寄付して食費が浮くの??
それは、

寄付した自治体によっては返礼品をくれるからです

へ、返戻金??なにそれ?

制度設計当初には想定されていなかったが、

寄付者に対して寄付金の額に応じ主に

その地域の特産品を返礼品として送付する自治体が現れ

返礼品の内容をアピールして寄付を募る自治体が増えた

(上記サイトより転載、大文字、太線、赤線は私が引かせていただいています)

と、制度が走り出した後に、寄付金に対してお礼をする自治体が増えたようです。

自己負担2000円以上は、限度額まで還付あり

なるほどね…ところで、なんで寄付して実質得するの??
それは、税額控除の対象なるからです

地方自治体に対する寄附金のうち、

2,000円を超える部分(中略)について、

個人住民税所得割の概ね2割(2015年までは1割)

を上限とする金額が、所得税と合わせて控除される。

(上記サイトより転載、大文字、太線、赤線は私が引かせていただいています)

確定申告をすることによって、

所得に応じた限度額までが寄附金控除の対象になるのですが、

2000円は自己負担となるために、こうなります。

ええ?確定申告?め、メンドクサイ…(* >ω<)

大丈夫!1年間5箇所までなら、

確定申告しなくても税額控除を受けることができますよ!

ワンストップ特例制度で、5箇所までは確定申告不要

ワンストップ特例制度とは

従来確定申告が不要な給与所得者がこの制度を利用するためには

わざわざ確定申告を行う必要があったが、2015年4月1日より

ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設された。

確定申告の不要な給与所得者

年収2,000万以下のサラリーマンや年収400万円以下の年金受給者など

が行う5団体以内のふるさと納税であれば、

各自治体に特例の適用に関する申請書を提出することを条件に、

確定申告をしなくとも住民税の寄附金税額控除を受けられる

 

この場合所得税の寄附金控除は受けられず、

その分を加味した控除の全額が翌年度の住民税の減額という形で受けられる。

但し、他の要件で確定申告を行う場合や

5団体を超える自治体に寄附を行った場合は、この特例は適用されない。

(上記サイトより転載、大文字、太線、赤線は私が引かせていただいています)

確定申告時期の混んでる税務署ってユーウツですよね…。

サラリーマンで、確定申告をする予定がない人の場合は便利

この制度も漫画解説があってわかりやすいーー♡

ただし、限度額に注意!

それなら、無限に色々頼みたいーーー!
同感ですが、控除には限度額があるので注意!超えた分は自己負担になっちゃいます!

こちらについても、Wikipedia

個人住民税所得割の概ね2割(2015年までは1割)を上限とする金額が、所得税と合わせて控除される。

(上記サイトより転載、大文字、太線、赤線は私が引かせていただいています)

とある通り、

支払っている税金に応じた限度額までしか控除されないので、注意です!

これも漫画解説があります♡

限度額の計算はこちら

共働きなら夫婦両方適応!

夫婦共働きのご家庭では、

ご主人奥様両方のお名前でふるさと納税をするとよりお得です。

もちろんお互いの年収や扶養によって限度額が異なってくるので、

それぞれサイトで調べてみる必要がありますので注意です!

 

豪華絢爛なもたくさんある返礼品!

ふるさと納税の返礼品には、豪華なものもたくさん。

高価なカニやエビ、松阪牛の他、PCや家電も!

高額納税者に向けて、返礼品にはゴージャスなものも色々あるけど

食べ盛り中高生いるご家庭なら、狙うのは、

もちろんいつもの食材です!(・ω<)☆

 

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

さとふる お米・パンカテゴリ

おすすめは生活必需食品!

高級な肉やフルーツとかグルメ楽しむのもいいけど、

食べ盛り中高生家庭で最もオススメなのは、生活する上で欠かせない生活必需食品!

本来買うはずだったこれらの必需品をふるさと納税の返礼金としてもらい、

その分を貯金するという節約方法がおすすめ!

米、肉、トイレットペーパー

米!

なんと言ってもおすすめは米!中学生、家庭で部活や学校用に弁当が必要だったりすると、

米の消費量ってえげつなくないですか?

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

さとふる お米・パンカテゴリ

肉も中高生いると、いくらあっても足りないですよね(汗)

高級松阪牛みたいな返礼品もありますが、普段使いに最適な肉の返礼品もざくざくあります。

トイレットペーパー

それから、食品ではないんだけど(笑)生きてると必ず行くのがトイレ。

震災の後も、コロナショックのときも足りなくなって店に長い列ができましたよね(;´・ω・)

備蓄があると安心です。

食品と違って長く備蓄できるので、年末に限度額が余った場合に多めに頼んでおいてもいいと思います。

実録!ふるさと納税初心者が挑戦!

と、あれこれ書いている私自身も、

実は食費節約方法として活用しだしたのはつい最近

中高生の子どもたちの食い扶持の足しにと

米、トイレットペーパーの返礼品に挑戦してみたのでレポします!

玄米30kg

今回、我が家が挑戦したのは 北海道の自治体さんからの返礼品、

玄米30kg

さとふる お米・パンカテゴリ

 

(普段から、健康上の理由から、夫以外は白米ではなく玄米を食べている関係で玄米にしましたが、白米の返礼品もたくさんあります!)

保管方法に課題(笑)

食べざかり中学生3人いる我が家では、米はいくらあっても困らない!

届いて嬉しさのあまり「きゃー♡」と悲鳴を上げるが、

米30kgが一袋に入っているので、

  1. まず米びつ(5kg✕2)に入れるのに一苦労
  2. 残った20kgの米の保管方法に若干困る

という保管問題にぶちあたる(笑)

とりあえず体力自慢な中学生男子を動員して、

数人がかりで米びつにおさめる。

▶必死過ぎて写真撮るの忘れちゃいました(笑)

定期便という手も

今回我が家は、寄附金額に対して最も容量が多くてお得な30kg

にしたけど、都市部のマンション住まいの方など、保管場所が限られるご家庭では、

5kgから10kg✕3-6回に分けて配送、という定期タイプが

多少割高でもベターかもしれません(´-∀-`;)

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

さとふる お米・パンカテゴリ

トイレットペーパー

トイレットペーパーも、東日本大震災後のトラウマで、

家に必ず多めにストックしてきたけど、ふと

ふるさと返礼品狙ってみるといいんじゃね?

思いついて今回初挑戦。

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

最後の1つは、被災地へ

あくまで節約をテーマとした記事なので、

ちょっと趣旨から外れてしまうのですが、最後にお願いです。

5つの自治体まではワンストップ特例を適応できるふるさと納税で、

最後の1箇所はぜひ、少額で良いので

被災地の自治体に寄付

を検討してみてください。

ペイ・フォワード

映画にもなったので知っている方も多いと思いますが、

ペイ・フォワード

という考え方が好きです


 

こちらのサイトによると

ある人物から受けた親切を、また別の人物への新しい親切でつないでいくことを意味する英語

または、多数の人物が親切の輪を広げていくための運動のこと。

一人が一つずつ良いことをすると、

それが巡り巡って世界が平和になっていくという考え方です。

ふるさと納税をお得に使って家計を節約するのは大賛成!

私もやるつもりです。

その場合、ワンストップ特例の最後の1箇所の自治体に、少額でいいので

自然災害や震災の被害にあった自治体に

送ってあげていただきたいなと思います。

母の故郷 気仙沼

私がこう強く思うのは、東日本大震災がきっかけです。

母の故郷は宮城県気仙沼。震災の15分後に襲った津波に88歳の祖母が飲み込まれてなくなり、親類縁者は総じて被災。

義援金や支援のありがたみが身にしみたと口をそろえる親類たちと話したのがきっかけです。

日本は、いつどこで震災や自然災害が起こっても不思議ではありません。

やってあげたことは、自分にも巡って還ってくる。ぜひ、一箇所だけ被災地への寄付を検討してみてください。

 

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

ふるさと納税で、食費節約!まとめ

  • 食べざかり中高生のいる家庭では、ぜひふるさと納税返礼品で、食費節約しましょう!
  • 米、肉のほか、生活必需品のトイレットペーパーもおすすめです
  • 5箇所の自治体への寄付までは、確定申告不要ワンストップ特例制度が適用されます。ぜひ、最後の1箇所だけは、少額でよいので被災地への寄付も合わせてご検討くださいね。

お互い育児楽しんでいきましょうヾ(*´▽`*)ノ

 

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

さとふる お米・パンカテゴリ

 

ABOUT ME
えがお
2005年産♂、2007年産♂♀双子を育児中の アラフィフ看護師ですです(*≧∀≦*) 在住:東京近郊(関東) 趣味:読書(年間250冊ほど:読書ログしています) ミッション:子育てするすべてのパパママと子供達を応援! ▶40歳でADHDだった自分に気づく、生き辛さにガッテン! ▶読んだ本を紹介することで、ママや生きづらさを抱えてた大人が、 もっと楽に生きられる方法を一緒に探せたらと願っています ▶教育費確保のために、節約&NISA,iDecoでの投資信託積立頑張ってます! 昨日より、笑顔が増える情報を提供していけたらと思い記事を書いていきます。よろしくお願いいたします

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA